日々の生活で気になったことや、食品工場の真実や裏側について元従業員が赤裸々に告白します

バッファローの肉の味は美味しいの?松田翔太の好物で話題に!

 
バッファロー 味
この記事を書いている人 - WRITER -

俳優の松田翔太さんが『櫻井有吉アブナイ夜会』に出演しましたね!

 

その際に大好物が『バッファロー』と答えて盛り上がっていました。

 

ただ、バッファローの味に関しては、多くの人がわからないと思います。

 

そこで今回はバッファローの肉の種類や味、美味しいのかなどを調査しました。

 

スポンサーリンク

 

松田翔太の好物のバッファローってどんなやつ?実は2種類いた!

 

 

 

導入文でも書きましたが、松田翔太さんが『櫻井有吉アブナイ夜会』に出演しました!

 

 

 

 

 

その際に大好物がバッファローと語っていましたが、庶民にはあまり馴染みのない食べ物だと思います。

 

 

そこで今回はバッファロー肉についていろいろ調査しました!

 

 

まずバッファローという呼ばれる名前の生き物は、実は大きく分けて2種類います。

 

 

1つ目がアジア水牛です。

 

 

 

 

アジア水牛と言えば日本人にも馴染み深い生き物ですね!

 

 

沖縄方面にいけば観光客向けに水牛車を引っ張っているので、その姿を見たことがある人も多いと思います。

 

 

そしてインドはウシがたくさんいることでも有名ですが、そのほとんどがこの水牛になります。

 

 

アジア水牛の歴史は深く、約9000年前には家畜化されて、現在でも世界各地で農耕作業を中心に活躍しているようです。

 

 

次にバッファローと呼ばれているのが、『アメリカバイソン』です。

 

 

 

 

水牛とは見た目が全然違います。

 

 

温暖な地域に生息する水牛に対して、バイソンはアメリカやカナダなどの北側にも生息しているので、そういった環境が見た目の違いに影響していることが考えられます。

 

 

そして、アメリカバイソンはアメリカやカナダでは『バッファロー』という名前で親しまれているようですが、正式にはバイソンの仲間なので、誤称のようです。

 

 

まあアジア水牛もアメリカバイソンのどちらも、牛なので大きく違うわけではないですが 笑

 

 

そうなると、『松田さんが好物と言っていたバッファローはどっちなの?』ということになります。

 

 

ですが、それに関してはおそらくバイソンの方を言っていると思います。

 

 

 

理由に関しては、アメリカでは最近バッファロー(バイソン)の肉が店で提供されたり、好んで食べる人が多いようなので、松田さんも渡米した際に食べた可能性が高いためです。

 

 

 

スポンサーリンク

バッファロー(バイソン)の肉の味は美味しいの?

 

 

気になるバッファロー(バイソン)の味ですが、実はアメリカバイソンは絶滅危惧種なので食べることは禁止されているようです。

 

 

『えっ!?』って思う人もいるかもしれませんが、そこで登場するのが『ビーファロー』というバイソンと家畜牛の交配種の肉です。

 

 

食肉用に品種改良されて家畜化されているので、このお肉を食べることは問題ないようですね。

 

 

バッファロー 肉

出典 http://ch.nicovideo.jp/tarucci/blomaga/ar1026558

 

 

上の画像は実際にアメリカでバッファローの肉として販売されているものです。

 

 

当然かもしれませんが、普段食べている牛肉とは区別がつきませんね!

 

 

味はやや牛臭さがある固めの赤身という感じのようです。

 

 

牛肉本来の味や、ワイルドな味わいが好きな方が好んで食べいるようですね。

 

 

和牛のようにサシが入っているわけではないので、それを期待して食べるとギャップを感じるかもしれません。

 

 

というより、アメリカの牛肉はバッファローに限らず、脂肪分の少ない赤身が主流になっていますね。

 

 

また、バッファローの肉は栄養面でも優れているようです。

 

 

バイソンのお肉は、牛肉・豚肉・鶏肉に比べて、低脂肪・低カロリー・低コレステロール。
野生に近い状態で飼育されているので、一時期話題となった狂牛病などの心配もなく、安全です。

 

 

普通の牛肉よりもヘルシーで高たんぱくのようで、そういった部分でも好まれて食べられるようです!

 

 

肉体改造に向いてそうな食材でもあります 笑

 

 

ちなみに本来、バッファローと呼ばれている『アジア水牛』の味に関しても、臭みがあって固いようです。

 

 

この水牛の肉はインドを始めとして、アジア諸国では一般的にも食べられているようですね。

 

 

ただ、アジア水牛の肉はかなり固いようで、噛み切ることが困難な場合もあるようです。

 

 

これに関しては水牛の多くが食肉用としてでなく、農耕作業に利用されていることが関係してそうですね!

 

 

スポンサーリンク

バッファローは日本で食べられるの?通販は?

 

 

バッファローのお肉を日本で食べられるのか?ということについてですが、僕が調べた以上はどこにも情報が無かったです。

 

 

通販に関しても情報が無く、楽天市場で『バッファローウィング』という商品を見つけましたが、これは手羽の素揚げのようなので、違いました 笑

 

 

そのため、どうしてもバッファロー肉を食べたい方は、アメリカに行くのが手っ取り早いですね!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

俳優の松田翔太さんの大好物が『バッファロー』であることが『櫻井有吉アブナイ夜会』で判明した。

 

しかしこの『バッファロー』と呼ばれる生き物は『アジア水牛』と『アメリカバイソン』の2種類いることが判明した。

 

松田さんが好物として挙げたのは、おそらく『アメリカバイソン』の方で、そのお肉の味は『やや臭みがあって固い赤身』といった感じのようです。

 

バッファロー(バイソン)の肉は栄養価が高く、最近アメリカでは流行っているようなので、今後は日本でも食べる機会が増えてきそう!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウグイの本棚 , 2018 All Rights Reserved.