日々の生活で気になったことや、食品工場の真実や裏側について元従業員が赤裸々に告白します

浜崎あゆみの本(小説)が痛くて気持ち悪い?理由やネットの反応まとめ!

 
浜崎あゆみ 松浦会長 本 小説 暴露本 感想 不倫
この記事を書いている人 - WRITER -

浜崎あゆみさんに関する本(小説)『M愛すべき人がいて』が出版されて話題になっています。

 

ネット上では『痛い』『気持ち悪い』『知りたくなかった』など、否定的な意見や感想が多いようなので、その理由を調査しまとめていきました。

 

スポンサーリンク

 

浜崎あゆみの本(小説)の感想が痛いし気持ち悪いと言われる理由とは?

 

導入文でも書きましたが、浜崎あゆみさんに関する小説(本)『M愛すべき人がいて』が出版されましたね。

 

小説に関しては、事実に基づく内容となっているため、『浜崎あゆみの暴露本』と言った見方も多いようです。

 

 

ただ、その内容についてネット上では否定的な意見も多いようです。

 

テレビ番組のスッキリでも本の内容について触れていました。

 

今回は、ネット上の意見(スッキリの視聴者の反応含む)を中心にまとめていき、否定的な意見が多かった理由について調査しました。

 

 

スポンサーリンク

浜崎あゆみと松浦会長(MAX松浦)の恋愛(不倫)を知ったせいで歌詞に共感できない!

 

浜崎あゆみさんの小説に関する反応でまず多かったのが、エイベックスの松浦会長との恋愛を知りたくなかったとの意見です。

 

 

 

 

 

 

小説では浜崎あゆみと松浦会長が実は不倫関係だったことが明かされていますが、それに関しては上のコメントのように否定的な意見が大半を占めました。

 

『気持ち悪い』『痛い』『萎えた』『プライベートを切り売りするまで落ちぶれるのか』など様々な意見が出ていましたが、特に多かったのが『歌詞に共感できなくなった』という意見です。

 

他には『TOKIOの長瀬智也さんとの恋愛を暴露して欲しかった』などの意見もありました。

 

また小説では浜崎あゆみさんの楽曲の多くが、当時恋人関係だった松浦会長に向けた歌詞だったことが判明しています。

 

歌詞に登場する具体的な人物像が明らかになったことにより、これから楽曲を聴くたびに松浦会長を連想してしまうといった声も多かったですね。

 

個人的にも、歌詞の登場人物が明確になってしまうことにより、自己投影が難しくなってしまうといった意見には同感です。

 

こういったことからも、浜崎あゆみさんの本(小説)が不評な一番の理由は、『歌詞の登場人物を明確にしてしまったことにより共感できなくなった』といったところでしょうか。

 

 

浜崎あゆみのM(マリア)は松浦会長(まつうらまさと・MAX松浦)のMだった

 

 

ちなみに浜崎あゆみさんの代表曲である『M』も松浦会長との恋愛で生まれたものです。

 

 

曲名の『M』は松浦会長(松浦勝人)のMだったということですね。

 

 

 

やはり歌詞の人物が明確になってしまうのに抵抗のある人は多いようです 笑

 

 

スポンサーリンク

浜崎あゆみの本(小説)についてスッキリが特集!加藤浩次や視聴者も困惑?

 

続いてはスッキリで浜崎あゆみさんの小説が紹介された時の、出演者や視聴者の反応についてです。

 

 

 

 

 

スッキリでは浜崎あゆみさんの小説発売について、再現ドラマ風に特集を組んでいましたが、視聴者の多くが困惑していました。

 

その内容から一昔前に流行った、携帯小説を感じた視聴者もいたようですね 笑

 

ちなみにスッキリの視聴者だけじゃなく、出演者の方々も困惑していたようです 笑

 

 

 

 

加藤浩次さんは特集の映像が終わった後に、『むず痒くなる部分もあった笑』などのコメントを残しております 笑

 

また、スッキリのコメンテーターであるモーリーさんも、『海外アーティストは実体験を参考にしても余裕あるが、浜崎あゆみさんは余裕がなくて生々しすぎる』と言った感想を述べていました。

 

確かに実体験を参考にした際に、余裕あるように見えるというのは大事かもしれません。

 

ちなみに、松浦会長の現在の嫁である畑田亜紀さんは、浜崎あゆみさんとそっくりだと言われています。

 

浜崎あゆみさんとの比較画像や、松浦会長の愛人疑惑の芸能人について松浦会長の嫁(畑田亜希)や愛人が浜崎あゆみに全員似てる説!画像まとめ!でまとめていますので、そちらも是非見て下さい!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

浜崎あゆみさんの自伝とも言える小説『M愛すべき人がいて』発売さてて大きな話題となっていた。

 

しかしその内容については、『気持ち悪い』『痛い』など否定的な意見が多かった。

 

その理由に関しては過去の浜崎あゆみさんの楽曲の多くが、当時恋愛関係だった松浦会長に向けた歌詞であることが判明し、曲に共感できなくなってしまったことが原因。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウグイの本棚 , 2019 All Rights Reserved.