日々の生活で気になったことや、食品工場の真実や裏側について元従業員が赤裸々に告白します

未来のミライのひいじいじ(青年)の裏設定や元ネタ!実は生きてた?

 
未来のミライ ひいじいじ
この記事を書いている人 - WRITER -

『細田守』監督の新作映画『未来のミライ』が公開されましたね!

 

今回はその中でも『福山雅治』さんが演じる『ひいじいじ(青年)』の映画では語られていない、裏設定や元ネタついてです。

 

『ひいじいじ』に関しては様々な事実が判明したので、その内容をまとめました!

 

スポンサーリンク

 

未来のミライのひいじいじ(青年)の元ネタ!実は生きてた!?

 

 

映画『未来のミライ』が公開されましたが、その中でも福山雅治さんが演じる『ひいじいじ(青年)』が人気になっています。

 

 

 

主人公の『くんちゃん』が過去の世界に行った際に、出会った『ひいじいじ』ですが、作中ではこのパートや『ひいじいじ』のキャラクター自体の人気も抜群に高いです。

 

 

おそらく主要人物の『くんちゃん』や『ミライ』よりも人気は上です 笑

 

 

ちなみに『ひいじいじ』がイケメンだと思った人は、その内容を未来のミライでひいじいじ(青年)がイケメンすぎる!ネットの反応もで書いていますので良かったら見て下さい!

 

 

そんな『ひいじいじ』ですが、まずはその元ネタとなった人物についてです。

 

 

『未来のミライ』に登場する人物は、その元ネタの多くが『細田守』監督の家族ですが、『ひいじいじ』に関してもそれは同じでした。

 

 

厳密に言うと、『ひいじいじ』のモデルとなった人物は細田監督の親戚のようです。

 

 

あくまで親戚ということなので、細田監督の曽祖父ではありません。

 

 

そもそも細田監督が現在50歳なので、曽祖父はおそらく幕末の人間になってしまいますね 笑

 

 

そしてこの記事のタイトルにも入っている『実は生きていた』というのは、この元ネタとなった人物に関係します。

 

 

『未来のミライ』の初期設定では『ひいじいじ』は健在という設定だったそうです。

 

 

ですが、その元ネタとなった細田監督の親戚の方が、映画の作成途中にお亡くなりになったため、設定自体も変更したようです。

 

 

細田監督はこの経緯に関して、下のように答えていました。

 

 

「まだプロットを書いている段階だったのですが、親戚が突然亡くなってしまったんです。とてもお元気だったんですが、93歳で大往生でした。それで当初は“ひいおじいちゃんが健在”という設定だったのを“すでに亡くなっている”と書き換えることにしたんです。でも息子や、生まれたばかりの妹との結びつき、世代をこえた関わりを描かなくては、とも思いまして

引用 http://news.nicovideo.jp/watch/nw3679104

 

 

モデルになった方は残念ながら亡くなってしまいましたが、それが『未来のミライ』で世代を超えた関わりを持つことを、表現するきっかけになったようですね。

 

 

そこから作中の印象的な場面でもある『ひいじいじ』のパートが生まれたようですね!

 

 

ちなみに『ひいじいじ』が『くんちゃん』とバイクで走行していたモデルとなった場所や、その他の聖地については未来のミライの聖地巡礼(舞台)の最新情報まとめ!磯子や植物園も判明!で書いていますので、良かったら見て下さい!

 

 

スポンサーリンク

未来のミライのひいじいじ(青年)の裏設定が壮絶だった!

 

 

未来のミライ ひいじいじ

出典 http://tsutaya.tsite.jp/news/cinema/i/39842588/index

 

 

ここからは映画では語られることの無かった、『ひいじいじ』についての裏設定です!

 

 

原作小説の情報を参考に『ひいじいじ』についてさらに深堀りしました!

 

 

まず『くんちゃん』が『ひいじいじ』と出会った世界は1946年が舞台となっています。

 

 

1946年(昭和20年)は終戦後一年ということですが、原作の描写からも『ひいじいじ』は21歳くらいであることがわかります。

 

 

個人的には、『もう少し年上かな?』と感じましたが、『くんちゃん』の目線で描かれているのと、戦争を体験した人なので、大人っぽく見えるのかもしれませんね。

 

 

映画では公開されていない、原作での『ひいじいじ』の裏設定についてを下の年表にまとめました!

 

 

また年表では『ひいじいじ』を『青年』と表記しています。

 

 

1943年 『青年』が18歳の頃

 

磯子区の埋め立て地にある『航空エンジンの製造会社』に徴用工として入社

 

当初は新型エンジンの開発・研究の助手をしていた。

 

しかし新型エンジンは不採用で、中島飛行機が生産する栄21型および31型エンジンの組み立て製造に加わった。

 

 

1945年 『青年』が20歳の頃

 

ベテランの工員たちが、次々に徴兵されていってしまう。

 

そのため残った『青年』が20歳にして組み立ての長に選任される。

 

しかし戦況の悪化から、組み立てるエンジンが無くなったことにより、『青年』も徴兵されることとなった。

 

徴兵後は『水上部隊(特攻隊)の整備兵』として入隊し、長崎県大村湾の水雷学校分校へ訓練に行った。

 

 

1945年7月18日の午前

 

『青年』は特攻部隊への配置を命じられたため、作戦の地である横須賀海軍工廠へ戻って来る。

 

特攻に使う艇である『震洋』を受け取る。

 

震洋

出典 https://matome.naver.jp/odai/2150356491257108301

 

この艇はベニヤ製でトヨタ製のエンジンを搭載したモータボートのような物です。

 

戦時中は爆薬を積んで特攻に使用されていました。

 

 

1945年7月18日の午後

 

『青年』がいる横須賀海軍工廠が空襲にあって『青年』もその空襲に巻き込まれる。

 

 

 

この場面は、映画の終盤で『くんちゃん』と『ミライ』が現代へ帰ろうとしているところにも登場しました。

 

 

奇跡的に生き延びた『青年』は海の中を命からがら、泳ぎ出し生還する。

 

 

しかし、下半身を負傷し、歩くのに支障をきたすほどの後遺症が残ってしまう。

 

 

1946年『青年』が21歳の頃

 

看護師として働いていた『ひいばあば』に駆けっこで勝ったら結婚する条件で、『プロポーズ』をする。

 

『ひいばあば』はわざとゆっくり走り、『青年』が勝った。

 

時空を移動してきた『くんちゃん』に出会ったのもこの年の出来事。

 

終戦後はオートバイの開発会社に定年まで勤務し、その後90代前半で他界する。

 

 

『ひいじいじ』の裏設定を時系列でまとめしたが、戦争を経験しているということで、壮絶な人生を送っていますね。

 

 

特攻隊に配置されるも偶然空襲に巻き込まれ、作戦実行をする前に助かるという、『いくつもの奇跡が重なって生き残った方』だったということもわかりました。

 

 

原作の描写では、他の登場人物よりもかなり細かく設定があることからも、モデルとなった方の実体験を参考にしている可能性が高そうです!

 

 

映画では戦争の場面は僅か1カットのみでしたが、その背景にはこういった『ひいじいじ』の壮絶な人生が隠れていたようですね!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

『くんちゃん』が『ひいじいじ』と出会った部隊は1946年で、終戦後一年の世界だった。

 

 

『ひいじいじ』の元ネタとなった人物は、細田監督の親戚の方だった。

『未来のミライ』制作当初は存命だったが、製作途中でモデルの方が亡くなったことから、作中でも亡くなっているという設定に変更した。

 

 

水上特攻隊に配置された『ひいじいじ』はいくつもの奇跡が重なって、戦争を生き延びた。

 

 

以上が『ひいじいじ』の映画では語られていない、裏設定となっている部分のまとめでしたが、いかがだったでしょうか?

 

 

個人的には、映画の1カットのみである戦争のシーンに、ここまで深い設定があることを知って、驚きと感心を抱きました。

 

 

こういった背景が、作中での『ひいじいじ』の魅力を、より一層引き立てているのかもしれませんね!

 

その他の未来のミライに関する記事は下のまとめページにあります!

未来のミライ関連記事
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウグイの本棚 , 2018 All Rights Reserved.