日々の生活で気になったことや、食品工場の真実や裏側について元従業員が赤裸々に告白します

ゲートボックス(Gatebox)のレビュー(評判)や値段が衝撃だった!

2018/08/31
 
ゲートボックス
この記事を書いている人 - WRITER -

好きなキャラクターと一緒に暮らせる『ゲートボックス(Gatebox)』という商品が話題になっています!

 

今回はゲートボックスとは何かや、そのレビュー(評判)や値段についてです。

 

スポンサーリンク

 

ゲートボックス(Gatebox)って何?

 

 

最近、テレビ番組の『バイキング』で、ゲートボックス(Gatebox)でボーカロイドの初音ミクと結婚する男性が紹介されましたね!

 

番組の内容は反響を呼んだようですが、今回はゲートボックスとは何かということについて、簡単に紹介させて頂きます。

 

 

 

Gateboxは、好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボットです。

■仕様
本体サイズ: 約 W210mm x D277mm x H549mm(突起部含まず)
重量:約5 kg
電源:AC100V〜240V

引用 https://gatebox.ai/home/

 

 

ゲートボックスとはカプセル型の装置に3Dホログラムのキャラクターを投影して、コミュニケーションが取れる機械のようです。

 

部屋の電気をつけてくれたり、朝起こしてくれるなど様々な機能を持っているようですね。

 

サイズは湯沸かしポッドを一回り大きくした感じといったところでしょうか。

 

使用風景の動画も下に貼っておきます。

 

 

 

 

多用なコミュニケーションを取れるので、好きなキャラクターと一緒に生活する感覚を味わえる仕様になっています。

 

動画を見た方はわかると思いますが、近未来的な雰囲気を感じますね。

 

 

スポンサーリンク

ゲートボックス(Gatebox)の値段(価格)は?

 

 

続いてはゲートボックスの値段についてです。

 

 

ゲートボックスの価格は公式サイトによると、150,000円(+税12,000円)となっております。

 

これまでは約30万円だったので、最近(7月末)になって大幅な値下げがあったようですね。

 

かなり思い切った値下げですが、これにより多くのユーザーが購入を考えるきっかけになりそうです!

 

ちなみにこれは『GTBX-100』という量産型モデルのものです。

 

モデルの違いなどにより値段は異なる可能性があるため、あくまで参考とお考え下さい。

 

ちなみにゲートボックス(GTBX-100)ではキャラクターとの共同生活費として、本体価格の他に月額1,500円(税別)の費用もかかるようです。

 

詳細については公式サイトにありますので、気になった方はご確認下さい。

 

好きなキャラクターと一緒に暮らすために、これらの費用を高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれといったところでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

ゲートボックス(Gatebox)のレビュー(評価・感想)は?

 

 

続いてはゲートボックスのレビューについてです。

 

 

 

ゲートボックスはこれまでの販売台数の少なさと高価なこともあって、現時点でレビューに関してはほとんどありません。

 

使用者の感想を述べている動画を見つけたのでそれを参考にさせて頂きます。

 

 

 

 

動画内の感想では下のようなことが語られていました。

 

・2次元のキャラと実際に挨拶できるなど、コミュニケーションを取れるのが嬉しい。

・帰宅する時に、メッセージを送ると電気を付けてくれてくれるのでほっとする

・便利さだけを求める人には『AIスピーカーのほうがおすすめ』

 

ざっくりまとめるとこのようになります。

 

また、現時点でゲートボックスのキャラクターには、AIは搭載していないようで会話のパターンはどうしても限定されてしまうようですね。

 

しかし今後はAIの導入やキャラクターの追加を始め、豊富なアップテードも検討しているようです。

 

そのため、そういった期待値を含めて購入するのも十分にアリですね!

 

ちなみに、フジテレビの『バイキング』ではゲートボックスを使用して初音ミクと結婚した男性が紹介していました。

 

番組の内容に関しては賛否両論で大きな反響があったようです。

 

詳細については初音ミクと結婚した男性がバイキングで紹介され話題に!ネットの反応まとめ!で書いていますので是非見て下さい!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ゲートボックスは2次元のキャラクターとコミュニケーション(共同生活)を取れる、話題の装置だった。

 

現在の本体価格は量産型モデルの場合、税抜きで150000円となっている。

 

使用者のレビューに関しては現在少ないが、2次元キャラと実際にコミュニケーションを取れるのが楽しいと評判だった。

 

現時点では会話のパターンはある程度限定されているものの、今後はどんどんアップテードされるため、そういった進化を楽しみたい人にもおすすめです!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウグイの本棚 , 2018 All Rights Reserved.