日々の生活で気になったことや、食品工場の真実や裏側について元従業員が赤裸々に告白します

センセイ君主(ボンババぼん)の予告(CM)がうざいか可愛いかで議論に!

2018/08/31
 
浜辺美波
この記事を書いている人 - WRITER -

女優の浜辺美波さんが映画『センセイ君主』に出演しますね!

 

大ヒットコミックの映画化であることや、『竹内涼真』さんが出演するということで上映前から注目が集まっています。

 

今回はその中でも、映画の予告映像や浜辺さんの演技についてです。

 

予告映像やCMに関しては『うざい』『嫌い』『かわいい』などの様々な評判なので、実際にはどういった意見が多いのかについてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

浜辺美波が映画『センセイ君主』に出演!

 

 

 

導入文でも書きかましたが『浜辺美波』さんが映画『センセイ君主』に出演します!

 

 

原作は別冊マーガレットで連載され、全13巻で累計発行部数が143万部ということで大ヒット作品の映画化ということになりますね!

 

 

また、人気若手俳優の『竹内涼真』さんが出演することでも話題になっています!

 

 

作品の内容としては、浜辺さん演じる女子高生の『佐丸 あゆは』と、竹内さんが演じる教師『弘光 由貴』の二人のラブコメとなっています。

 

 

ただ、内容としてはラブコメの『コメディ』部分の要素が非常に強い仕上がりになっていて、主演の浜辺さんの演技がかなりぶっ飛んでいることでも話題になっています!

 

 

 

スポンサーリンク

浜辺美波のセンセイ君主での演技は?『ボンババぼん』って何?

 

 

ここからは浜辺さんの演技に関してですが、これまでの演技の代表例として浜辺さんの代表作でもある『君の膵臓をたべたい』の予告動画下に貼っておきます。

 

 

 

 

個人的な浜辺さんのイメージとしては、このような正統派ヒロインを演じる人でした。

 

 

ですが『センセイ君主』では違いました。

 

 

次に『センセイ君主』での浜辺さんの演技を、手っ取り早く説明するためにも予告動画を同じく下に置いておきます。

 

 

 

 

動画や映画を見た人はわかると思いますが、浜辺さんの演技がかなりぶっ飛んでいます 笑

 

 

これまで出演していた他の作品と比べても、全く違う役柄なのでギャップを感じた人も多いのではないでしょうか? 笑

 

 

そして動画内で『ガチ恋したら胸ボンババぼん』というセリフが出てきますが、このセリフはなんとなく若者を中心に流行りそうな気がしますね 笑

 

 

 

 

作品内では画像のようにドラゴンボールのモノマネをしたり、とにかくコメディ色が強くなっているようです。

 

 

スポンサーリンク

浜辺美波のセンセイ君主での演技や予告(CM)がうざいか可愛いかで議論に!?

 

 

『センセイ君主』ではっちゃけたような演技をしている浜辺さんですが、その予告映像が一部では『うざい』『嫌い』や『かわいい』など様々な意見が出ているようです。

 

 

 

 

予告映像は上の動画の内容と類似した内容なのですが、人を選ぶ内容だったようですね。

 

 

映画の主なターゲットである、若い女性の意見では絶賛しているものが多かったです。

 

 

一方、それ以外の年齢層の意見では辛辣な意見も中にはありました。

 

 

確かにけっこう独特なノリなので、人を選ぶと思います。

 

 

個人的には、『浜辺美波がうざかわいいなあ~』と思いながら映像を見ていました 笑

 

 

この予告映像は、映画の上映前に半ば強制的に見せられる場合もあるので、そういった時に不快感を感じる人がいるのは仕方がないことかもしれませんね。

 

 

ですが映画のメインターゲットの層から絶賛されていることを考えると、宣伝という観点では大成功です。

 

 

演技に関して『うざい』と言われることに関しては、役がハマっている証拠なので女優としては誉め言葉ですね 笑

 

 

スポンサーリンク

浜辺美波の演技がはっちゃけた理由

 

 

『センセイ君主』ではコミカルな演技を披露している浜辺さんですが、そのような演技ができるようになったのは、ドラマ『賭ケグルイ』の出演がきっかけだったようです。

 

 

実際に『賭けグルイ』出演時には、視聴者から『顔芸』と呼ばれるほどの演技を見せていました。

 

 

 

 

『賭ケグルイ』では、顔芸と呼ばれるほどの迫真の演技を披露していた浜辺さんですが、『センセイ君主』のようなコミカルな演技について、下のように語っていました。

 

 

ハイテンションな演技について、浜辺本人は、本作の前に主演した2018年1月期のドラマ「賭ケグルイ」(TBS系)での経験が活かされていると明かしています。可愛らしさと狂気の二面性を持ち、生粋のギャンブル狂である夢子役を演じたことで、「こんなふうに演じていいのか!」と、彼女の中でリミッターが外れたのだとか(『センセイ君主』プレスシートより)。実際、同ドラマでギャンブルに熱狂し、陶酔するヒロインを演じた時の表情は、視聴者から“顔芸”と称されるほどの気合の入りようでした。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00010001-dmenueiga-movi

 

 

『賭ケグルイ』の出演によってリミッターが外れて、『センセイ君主』でのはっちゃけた演技に繋がったようですね。

 

 

現在まででも『賭ケグルイ』や『咲-Saki-』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』など数多くの実写化作品に出演している浜辺さんですが、これからも数多くの作品に出ることになるでしょう!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

『センセイ君主』に出演した浜辺美波の演技はこれまでの作品と比較して、かなりギャップのあるものだった!

 

しかしその片鱗は『賭ケグルイ』に出演した時から既に見えていて、今回『センセイ君主』に出演したことでコミカルな演技力が爆発した。

 

映画の予告に関しては、独特なノリなので不快に思う人もいれば、絶賛する人もいるなど、好き嫌いが激しいものだった。

 

浜辺さんはまだ10代ですし、『センセイ君主』の出演をきっかけに演技の幅が広がったため、今後もさらに幅広い役を演じることになりそうですね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウグイの本棚 , 2018 All Rights Reserved.