日々の生活で気になったことや、食品工場の真実や裏側について元従業員が赤裸々に告白します

【未来のミライ展】のグッズやチケットを紹介!ファン待望商品あり?

2018/08/06
 
未来のミライ展
この記事を書いている人 - WRITER -

映画『未来のミライ』がいよいよ7月20日に公開されますね!

 

今回はその映画の内容ではなくて、『未来のミライ展』映画とタイアップしている展示会の情報についてです!

 

グッズ情報やチケットについてを中心にまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

未来のミライ展の期間や会場へのアクセスについて

 

 

まず『未来のミライ展』の施設情報についてです!

 

・開催期間  2017年7月6日(金)~9月17日(月)まで

・営業時間  10:00~18:00(入場は17:30まで)

会場

東京ドームシティ ギャラリーアーモ東京都文京区後楽1-3-61

最寄り駅
JR「水道橋駅」東口/都営地下鉄三田線「水道橋駅」A3出口
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」2番出口
都営地下鉄大江戸線「春日駅」A1出口

 

 

会場に関しては駅に近く非常にアクセスが良さそうですね!

 

 

期間については約2か月間開催していますが、営業終了が18:00なので仕事や学校がある平日はなかなか厳しそうです。

夏休み時期と被るので、映画を見た人が多くなるお盆以降は混雑しそうですね。

 

 

そのためできるだけ、早めに映画を見て施設を楽しんだほうが良さそうです!

 

 

スポンサーリンク

未来のミライ展のグッズついて!ファン待望のあれもある!?

 

 

未来のミライのグッズに関しては、会場出口にある『スタジオ地図SHOP』で買うことができます。

 

 

売られているグッズは250種類以上の新商品があるようで、『未来のミライ』だけではなくこれまでの細田守監督作品のグッズも同時に発売されます。

 

 

現在発表されているグッズに関しては

・缶バッジコレクション(全12種)         ¥432(税込)

・インデックス(未来のミライ)          ¥540(税込)

・くんちゃんのクッション(未来のミライ)     ¥2,160(税込)

・グラス(未来のミライ)             ¥1,080(税込)

・限定クリアフォルダ(未来のミライ展限定)  ¥432(税込)

・缶入りクッキー                            ¥1,188(税込)

・ポストカード(細田監督作品名場面)     ¥216(税込)

・ロングポストカード(細田監督作品の風景)  ¥864(税込)

 

 

などがあります!

ただこれだけではちょっと物足りないですよね!

 

 

そこで過去の田守監督作品の展示会から、今回も発売されそうな目玉商品を予想してみたいと思います!

 

 

今回発売されるかもしれない目玉商品は『リトグラフ』です!!

 

 

リトグラフとは、簡単に言えば版画のことで、過去に開催された『バケモノの子展』でも発売されていました。

 

リトグラフ

出典 http://ure.pia.co.jp/articles/-/41415?page=3

 

過去に開催された『バケモノの子展』では細田守監督の4作品のリトグラフがそれぞれ

¥30000+税で完全受注生産で発売されていました。

 

 

今回はこれに『未来のミライ』が加わって発売されそうです。

ファンとしてはゲットしたいグッズですがちょっと高すぎますね 笑

 

 

他にも、ポストカードやポスターなどの販売もされると思うので、リトグラフに手が届かない場合はそちらで我慢するしかなさそうです 笑

 

 

追記:『未来のミライ展』でもリトグラフの発売が発表されました!

細田監督の『時をかける少女』~『未来のミライ』までの5作品が税込み¥32400で発売されるようです!

 

 

スポンサーリンク

未来のミライ展のチケットについて

 

まず未来のミライのチケット料金は下のようになっています。

 

前売券
大人(大学生以上) ¥1,500 / 小人(高校生以下) ¥700 / 親子ペア券 ¥2,000

当日券
大人(大学生以上) ¥1,700 / 小人(高校生以下) ¥900 / 親子ペア券 ¥2,400

限定マスキングテープ付チケット
¥2,000(当日¥2,200)

限定ネックストラップ付チケット
¥2,800(当日¥3,000)

引用 http://l-tike.com/event/mevent/?mid=356437

 

この中で注目すべきなのはやはり、限定グッズ付きのチケットですね!

 

 

 

限定マスキングテープを選ぶか、限定ネックストラップを選ぶか、両方買うかがあなた次第です 笑

 

チケットに関してはこちらのリンクから購入が可能となっています。

https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1803901

 

 

スポンサーリンク

 『未来のミライ展』での展示物について

 

 

『未来のミライ展』での展示物は

『細田守監督』作品の貴重な原画や背景美術を約100点も展示しています。

 

 

『未来のミライ』以外にも

『サマーウォーズ』や『バケモノの子』など他の細田守作品の作品も展示されているので、ファンにはたまらない展示施設になっているのではないでしょうか?

 

 

個人的には『サマーウォーズ』のラブマシーンの展示とか無いかな~と思っていたんですけど

試しに探してみたら本当にありました 笑

 

 

『未来のミライ展』でのラブマシーンの展示

 

ラブマシーン

出典 https://animeanime.jp/article/img/2018/06/15/38178/143744.html

 

 

なんとラブマシーンの等身大フィギュアでした!

まさかの等身大フィギュアです 笑

おそらく2mはあるかと思われる大きさなので、製作には相当手間がかかっているのではないでしょうか?

 

 

ラブマシーンが展示されているエリアは、アナザーワールドエリアといって『未来のミライ』以外の作品が展示されているエリアのようです。

 

 

どうやらこのエリアの展示には、スマートフォンを使って楽しめる仕掛けがあるとのことです。

 

 

もしかして、ラブマシーンのフィギュアを操作できたりするのでしょうか?

等身大のラブマシーンを操作できたらテンション上がりませんか? 笑

僕は上がります 笑

ラブマシーンを動かせない場合は、劇中と同じようにラブマシーンを相手に格ゲーでもいいです 笑

 

 

まあ、現実的に考えるとこのエリアには、3Dホログラムを使った展示もあるようなので、それとスマートフォンを連動させて楽しむとかに落ち着きそうですね!

 

 

ラブマシーンのことばかり書いて忘れていましたが、今回はあくまで『未来のミライ』に関する展示が中心です 笑

 

 

『ミライの未来』に関係する展示は、大きく5つのエリアに分かれているようです。

 

 

映画の時系列に沿って

『ミライちゃんとの出会い』→『未来のミライちゃんとの出会い』→『幼き母との出会い』

→『青年との出会い』→『未来の東京駅と”黒い新幹線”』

 

 

といった内容なので、映画を見た後にもう一度

『未来のミライ』の世界を深く理解できるつくりになっています。

 

 

映画を鑑賞後したあとの疑問や謎を知ることもできそうですね!

 

 

代表的な展示物の画像を下に貼っていきます。

 

 

 

 

 

画像のツイートのコメントに書いてあることで気になったのですが

 

 

『全く新しい体験型大規模展覧会』ってワードがすごい気になります!

 

 

おそらく上で書いた『3Dホログラムを使った展示』のことを指していると思われますが、やはり実際に体験するのが一番なので、気になった方は会場に足を運びましょう!

 

 

その他、映画の考察や感想などの『未来のミライ』関連の記事は下のまとめページにあります!

 

 

未来のミライ関連記事

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

・未来のミライ展のグッズはまだ発表されているものが少ないが、リトグラフが目玉商品として発売されそう

・2種類チケットに、限定グッズがそれぞれついてくるので注意

・会場で混雑を避けたいなら、できるだけ早い時期に映画を見て展示会へ行くのが良い

・3Dホログラムを使用した、従来の展示とは違った展示会になっている

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ミルキーわんわん より:

    監督の名前がところどころ「押田守」になっています。

    • 9aco1152 より:

      名前が一部間違えていたので修正させて頂きました。
      ご指摘ありがとうございました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウグイの本棚 , 2018 All Rights Reserved.