日々の生活で気になったことや、食品工場の真実や裏側について元従業員が赤裸々に告白します

未来のミライのくんちゃんの声優が下手で合ってない?ネットの反応まとめ!

2018/08/18
 
未来のミライ
この記事を書いている人 - WRITER -

『細田守』監督の新作映画『未来のミライ』が公開されましたね!

 

今回は映画の感想でも『上白石萌歌』さんが演じる主人公の『くんちゃん』の声についてです。

 

ネットの反応では『声が合ってない』『声優が下手』『違和感がある』などの意見があったので内容をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

未来のミライのくんちゃんの声優である上白石萌歌さんについて

 

 

『細田守』監督の最新作『未来のミライ』が公開されましたが、いかがだったでしょうか?

 

 

上映後の感想では様々な意見が上がっていますが、今回はその中でも『くんちゃん』の声に焦点を当てていきます!

 

 

 

まずは『くんちゃん』を演じた『上白石萌歌』さんの簡単なプロフィールについてです!

 

 

・上白石萌歌(かみしらいし もか)

生年月日 2000年2月28日
出身地  鹿児島県
サイズ  162cm
学歴   大学 在学中
趣味   歌うこと、踊ること、詩を書くこと、サイクリング

引用 http://www.toho-ent.co.jp/actress/profile.php?id=7304

 

 

上白石さんは現在18歳の大学生ということですが、姉は女優の『上白石萌音(かみしらいし もね)』さんということでも有名ですね!

 

 

 

姉の『萌音』さんは過去に『君の名は』でヒロインの『宮水三葉』を演じたり、田守監督の『おおかみ子供の雨と雪』にも声優として出演した経歴があります。

 

 

そのため今回、妹の『萌歌』さんが『未来のミライ』に出演したことにより、姉妹で細田守監督の作品に出演したことになりますね!

 

 

『萌歌』さんはこれまでに女優として、ドラマや映画には出演していたもの、声優としての活動経験は無く『未来のミライ』がアニメ初出演となったそうです!

 

 

アニメ初出演が、『細田守監督の最新作の主人公』ということで、いきなり注目作に大抜擢されました。

 

 

ちなみに『福山雅治』さんも『未来のミライ』の出演が長編アニメでの声優初挑戦となったようです。

 

 

作中では『青年(ひいじいじ)役』ということで、渋い声で演技が上手かったと評判になっています。

 

 

福山さんが演じる『ひいじいじ(青年)』に関しては未来のミライでひいじいじ(青年)がイケメンすぎる!ネットの反応もで書いていますので、良かったら見て下さいね!

 

 

声優としての福山さんの演技に関するネットでの反応については、未来のミライの福山雅治(青年)は声優が上手いと評判?ネットの感想まとめ!で書いています!

 

 

スポンサーリンク

未来のミライのくんちゃんの声優が下手で違和感も?ネットの反応まとめ!

 

 

ここからは、『上白石萌歌』さんの声優としての評判や感想になります。

 

 

『くんちゃん』の声を思い出したい方は、下の予告動画の視聴後にこの記事を読んでもらうと分かりやすいと思います!

 

 

 

 

まずは、『くんちゃんの声』に対するネットの反応を下にまとめました。

 

 

 

 

ネットの反応としては、『くんちゃん』の声が4歳の子供に聞こえなくて違和感を感じている意見が多いです。

 

 

個人的にもこの意見には同意しています。

 

 

映画を見ていても決して『棒読み』とかでは無いですし、演技自体に関しては問題はないと思います。

 

 

ネットの反応でも、演技が下手という意見はそこまで多くは無かったです。

 

 

しかし上の意見でも出ているように、声があまり合っていないという印象を受けました。

 

 

4歳の声というよりは、学生くらいの女の子という感じで、叫ぶような演技をしている際には、その傾向がより顕著に表れていました。

 

 

映画を見ていても他のキャストの声が馴染んでいただけに、最後までどうしても『やや浮いてしまっているなあ』という印象を持ってしまいましたね。

 

 

そもそも幼児の演技はとても難しいはずですし、声優初挑戦で演じる役としてはかなり『ハードルが高い』のではないでしょうか?

 

 

そこからも『くんちゃん』に関しては、本業として声優をやっている方や、声の質を考えても子役の方に演じて貰ったほうが良さそうな気もします。

 

 

上白石さんが『くんちゃん』を演じることになった、きっかけについては下の通りです。

 

 

ミライちゃん役のオーディションを受けた帰りに監督から呼び止められ、4歳の男の子を演じることになり、驚きました。

引用 http://news.nicovideo.jp/watch/nw3427018

 

 

上のように、元々は『成長したミライ』役のオーディションに参加したが、細田監督の意向で『くんちゃん』を演じることになったようですね!

 

 

この経緯を知って、個人的にはそのまま『ミライ役で良かったのでは?』と思ってしまいました 笑

 

 

声質的にも女子中学生の『ミライ』を演じた方がしっくりきますよ!

 

 

あまり素人が意見するのは気が引けますが、多くの人が共感してくれたら嬉しいです 笑

 

 

ちなみに『成長したミライ』がなぜ現代にやってきたのかは未来のミライでなぜ妹の未来が現代へ現れたの?理由がやばかった!?で書いていますので良かったら見て下さいね!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

『上白石萌歌』さんが演じた『くんちゃん』に関してのネットでは、『声が合っていない』という意見が多かったです。

 

個人的に『演技自体がそこまで下手』という印象は受けなかったので、どちらかと言えば配役に問題があると感じました。

 

上白石さんは元々は『ミライ』役のオーデションに参加していたので、そのまま『ミライ』を演じても良かった気がします!

 

『未来のミライ』の評価や感想については未来のミライが面白くないし微妙な理由は?ネットの評価や感想まとめで書きましたので、良かったら見て下さいね!

 

その他の未来のミライに関する記事は下のまとめページにあります!

未来のミライ関連記事
この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. そう より:

    押田って誰ですか?
    細田ではないですか?

    • 9aco1152 より:

      名前が一部間違えていたので修正させて頂きました。
      ご指摘ありがとうございました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウグイの本棚 , 2018 All Rights Reserved.